柳川範之 東京大学大学院教授(やながわ・のりゆき)1963年生まれ。慶応大学通信教育課程卒業。93年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。東京大学助教授などを経て2011年から現職。主著に『法と企業行動の経済分析』『独学という道もある』など。(撮影:今井康一)

町や都市は、今までとは大きく異なった役割を、これから果たしていくことになるだろう。それは、町自体が、さまざまな情報やデータを伝える装置になっていくという変化だ。

今までであれば、都市空間で起きていること、例えば、どのくらいの人がA地点からB地点までを電車で移動しているかという単純なことでも、誰かが時間とコストをかけて調べる必要があった。

しかし、技術革新によって構造は大きく変わりつつある。センサーの活用やIoT(モノのインターネット)などによって、人々の移動に関する情報や、道路がどこで渋滞しているのか、さらには、バスを待っている人がどこにどのくらいいるかなど、さまざまな情報が、自然に得られるようになってきている。