ラウンジでチェックインすると、登録した名前やパーソナライズされた情報が出てくる(これはラウンジ内での例、筆者撮影)

年明け早々にラスベガスで行われる展示会CESは、かつての家電ショーからテクノロジーショーへと転換を図っている。とりわけ5Gサービスが開始されてから初となる今年は、従来とは異なる業界からの出展も多い。

デルタ航空もその1社だ。同社CEOのエド・バスティアン氏は、旅行業界としては初めてCESの基調講演を担った。

さまざまな新サービスを発表

基調講演では、搭乗者向けアプリ「Fly Delta」、機内エンターテインメントの充実、フルボディー式パワードスーツを使った機体整備環境の改善、それにAIの活用によって顧客満足度の高いサービスを提供するシステムなどについて語られた。

パラレル・リアリティ技術を用いたマルチビュースクリーン(筆者撮影)

その中でもひときわ注目を浴びたのが、Misapplied Sciences(ミスアプライド・サイエンス社)が開発したPARALLEL REALITY(パラレル・リアリティ)技術を用いたマルチビュースクリーンだ。

ラウンジでチェックインすると、登録した名前やパーソナライズされた情報が出てくる(これはバゲージクレイムでの例、筆者撮影)

ミスアプライド・サイエンス社は、2014年設立の技術開発ベンチャー。彼らが提供する技術を用いることで、同じディスプレイに異なる内容のサイネージを見せることができる。

たとえば、大人と子ども、背の高さの違いで異なる映像を見せたり、立っている位置で異なる映像を見せることができるのだ。しかも、固定した位置に映像を送り出すだけではなく、移動している人物に対して異なる表示も行える。