1月7日から10日(現地時間)まで米国ラスベガスで開催された世界最大のデジタル技術の見本市「CES2020」。世界中の企業が次世代の新製品やコンセプトを披露する中、大きな注目を集めたのが開幕前日の6日に行われたソニーの発表だ。

国内外の記者がソニーのブースに多数集まる中、静かに舞台に滑り込んできたのは近未来デザインの電気自動車(EV)。電機大手のソニーが初めて作ったコンセプトカー「VISION-S」(ビジョンエス)だ。

マグナやボッシュなど10社と協力

このコンセプトカーは4人乗りのスポーツカータイプのセダン。車体はカナダの大手自動車部品会社マグナ・インターナショナルの子会社が組み立てたほか、ボッシュやコンチネンタル、ZFなどのドイツ自動車部品メーカー、さらにエヌビディア、クアルコムなどの半導体メーカーなど10社から協力を得て作り上げた。現在は各国の安全基準を満たしていないが、走行性能には問題がないとしている。