クリエイティブな思考力を鍛える2つの練習問題

以下の課題に取り組んでください。重要なのは新しい解決方法を考えること。正解はないので、自由に発想することが大切です。

スマートフォンで撮影し、「#東洋経済クリエイティブ」をつけてツイッターに投稿しよう。そしてほかの作品と比べてみよう!


(出典)ロッド・ジャドキンス著『「クリエイティブ」の練習帳』(フィルムアート社)

究極のエコ輸送手段、ロバを改造する

フェラーリのオーナーが嫉妬するほど、ゴテゴテに改造してほしい。カスタマイズして、バカがつくほどド派手にアップグレードするのだ。デザイナーはいつも過去を振り返って未来を創る。よいものを盗み、悪いものをよくする。度肝を抜くような鞍、頭部につける馬具。音響装置もいいかも。


(出典)ロッド・ジャドキンス著『「クリエイティブ」の練習帳』(フィルムアート社)

あなたの物語は何?

あなたの特別なところを書いてみよう。ただし絵ではなく、タイポグラフィ(文字の書体デザイン、配置)だけを使って。『私の自伝』という極めて一般的なタイトルを使って、字のデザインだけであなたの意図を伝えてみよう。表紙は本の顔だということをお忘れなく。


Rod Judkins / 英ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで修士号取得。画家としての活動の傍ら、クリエイティブ思考法の講師として大学や企業などで教える。米アップルや韓国サムスン電子で講座を開いた経験も持つ。(画像はhttps://twitter.com/rodjudkinsより引用) 写真右:この2冊にクリエイティブな思考を発揮するためのノウハウが詰まっている

プログラミングを習得しても、作りたいものがなければ宝の持ち腐れになる。では、どうすればクリエイティブ(創造的)な人になれるのか。10以上の言語に翻訳された世界的ベストセラー『「クリエイティブ」の処方箋』と続編『「クリエイティブ」の練習帳』の著者であるロッド・ジャドキンス氏に話を聞いた。

なお記事下には、同氏がオススメするクリエイティブな思考力を鍛える課題を2つ掲載した。出来上がった作品は、ツイッターにハッシュタグ「#東洋経済クリエイティブ」をつけて、投稿してほしい。ほかの人の作品と比べることで得られるものは大きいはずだ。

──『「クリエイティブ」の処方箋』は、新しい発想を生み出す人たちの愛読書になっています。

もともとは私が教鞭を執る(英ロンドン芸術大学)セントラル・セント・マーティンズの学生のために書いたものだ。クリエイティブな思考についての「気づき」を80以上の発想のアイデアとしてまとめたが、それらの間には緩いつながりがある。

クリエイティブな思考法に注目するだけでなく、科学や医学、経済、ビジネスなどあらゆる分野の問題解決に役立つことを知ってほしい。そして『「クリエイティブ」の練習帳』は「アイデアの人」になるために必要な手助けをする。

──クリエイティブな仕事を広告代理店に任せる企業も多いです。

人はどんな仕事をするときでも、創造性を発揮すべきだし、そのためにはどうすればいいのかを考える必要がある。

例えば、私が病院に講師として招かれた場合、手術の方法を教えることはできない。だが道具の設計を見直したり、ワークフローを改善したりすべきだということに気づかせることはできる。こういった仕事はデザイナーだけでなく、どんな人でも可能だ。