真っ暗なトンネルに迷い込み、いくら懐中電灯を灯しても明るくならない。もう逃げ出したい──。プログラミング学習を始めて1カ月後の状態はまさにそんな感じだった。

小誌の副編集長である私(41)は、2019年11月からプログラミングを学習中だ。きっかけは1年前。社内で新メディアの立ち上げを検討した際、プログラミングを含むWebサービスの知識の必要性を実感したことにある。経済情報をより多くの人に届けるには、デジタルの知識が不可欠と考え、編集長に直談判。背中を押され、デジタルハリウッドが運営する、週末に通えるスクール「ジーズアカデミー」に入学した。

1文字間違ってもダメ

同校の特徴は、プログラミングを学ぶだけでなく、アウトプット重視でどんどん作品を作っていくことにある。自力でオリジナルサービスを作れるプロのエンジニアのスキルが、半年で習得できるという触れ込みだ。