BASEには個性ある小規模店が多く出店する(提供:BASE)

【上場日(市場)】2019年10月25日(東証マザーズ)
 【設立】2012年12月11日
 【本社所在地】東京都港区六本木
 【代表者(年齢)】鶴岡裕太CEO(30)
 【事業内容】インターネット通販のプラットフォーム「BASE」が主力事業。初期費用や運営費が無料で、販売額に応じた手数料が収益源。オンライン決済サービス事業も展開
 【売上高】23.5億円
 【営業利益】▲7.9億円(2018年12月期)
 【公開価格】1300円
 【直近株価】1712円(1月7日)

「私もネットショップを開いてみたい」

2012年春、BASE(ベイス)の鶴岡裕太CEOが大分県で洋服店を営んでいる母親から受けた何げない相談。この一言が、EC(ネット通販)プラットフォーム「BASE」誕生のきっかけとなった。

専門知識がなくても、BASEなら簡単にデザイン性のあるネットショップを無料で開設できる。初期費用や運営費など先行投資は不要で、モノが売れると販売金額から決済手数料とサービス利用料を合わせて約7%支払う仕組みだ。この手軽さが受けて、個人や小規模事業者が大半を占める。