社員のボランティア活動など、ベニオフ氏(写真)率いるセールスフォースは社会貢献を社是とする(AP/アフロ)

米サンフランシスコにいると、セールスフォース・ドットコムの影から逃れられない。ダウンタウンにそびえる61階建ての「セールスフォース・タワー」は、市内で最も高いビルで同社が本社機能を置く。近隣にある公共交通のハブ施設は同社が命名権を得て、「セールスフォース・トランジットセンター」となっている。市内で最も先端的な病院には、同社創業者であるマーク・ベニオフ氏とその妻の寄付により、「ベニオフ小児病院」の看板が掲げられる。

シリコンバレーにテック企業は数あれど、CEO(最高経営責任者)が目立った活動をする例は他にあまりない。20年前にCRM(顧客関係管理)ソフトをクラウドで提供するビジネスを立ち上げたベニオフ氏は、現在70億㌦を保有する資産家だ。だがそれよりも、政治的、社会的立場を明らかにしないトップがほとんどのテック企業の中で、フィランソロピー(社会貢献)、NPO支援から資本主義の新しい姿にまで発言する点が特徴だ。同社の年次コンファレンスには、クリントン元大統領夫妻やオバマ前大統領など民主党関係者が登壇。ベニオフ氏は同党支持者であることを公にしている。