かとう・かつのぶ 1955年生まれ。79年東京大学経済学部卒業、大蔵省(現財務省)入省。2003年から衆議院議員。19年9月から2度目の現職。(撮影:梅谷秀司)

再編・統合の検討が必要な「424病院リスト」を公表した真意を、加藤勝信・厚生労働相に聞いた。

──地域医療の再編は都道府県主体で進められていますが、国が再編の検討が必要だと病院名を発表した意図は何でしょうか。

各都道府県は地域医療構想を2016年度までに策定し、25年をゴールにその実現を図っていくこととしている。公立・公的病院については具体的な見直し計画が提出されたが、現状維持という病院が多く議論が進んでいないとの指摘がなされている。さらに検討をしてもらうため、今回の資料を公表した。地域での議論が活発化してほしいという思いからだ。