特別調査委員会アドバイザー 出口治明
でぐち・はるあき 1948年生まれ。2006年ライフネット生命保険を設立(12年上場)。18年1月から立命館アジア太平洋大学学長。(撮影:今井康一)

僕がいちばん驚いたのは、日本郵政の経営陣がグループのビジョン(将来像)を今までに検討したフシが見えないことだった。

コーポレートガバナンスはチェック・アンド・バランス(権力の抑制・均衡)ばかりが問われがちだが、それは本質ではない。明確なビジョンを示したり、ビジネスモデルを構築したりするのが大前提だ。当たり前のことを日本郵政の経営陣は真剣に行ってきたのだろうか。

将来のビジネスモデルが描けていない中で、つじつま合わせのような事態収拾を行っているように見える。かんぽ生命保険やゆうちょ銀行からの手数料というミルク補給なしに、日本郵便がやっていけるビジネスモデルを構築しなければ、郵政グループ全体がおかしくなる。