上海の街角に設置されたモニター付き信号機。「交通違反の疑い」として顔写真を表示

交通事故や交通違反、さらには窃盗やスリなどの犯罪が中国で激減している。全土に張り巡らされた監視カメラ網、顔認識システムによる本人特定などのハイテク機器導入によるところが大きい。中国は現実に「安全でマナーのよい国」に向かおうとしている。

先頃、中国のSNSに投稿された短い動画が話題を呼んだ。南京市で足の悪い老人が交差点を渡ろうとして、途中で歩行者用信号が赤に変わってしまった。しかし、停止していた3台の車は走り出そうとせず、老人が渡り終えるのを見届けて、やっと動き出した──。同市の警察はこの3人の運転者を探し出し、大々的に表彰した。

私自身の実感でも、中国の、とくに都市部の運転マナーは最近、急速に向上している。すばらしいことだが、そこにはワケがある。南京市は2018年10月から市内各所の交差点に歩行者保護を徹底するための監視カメラを設置、歩行者の横断を遮ったり、危険を感じさせたりする運転を感知し、自動的に撮影して違反通知と罰金の納付命令を下す仕組みを稼働させている。