北海道清水町の清水赤十字病院

日本赤十字社(日赤)が揺れている。厚生労働省が公表した「424病院リスト」の影響だ。

日赤が運営する全国91病院のうち、下表の24病院がこのリストで名指しされた(閉院した柏原赤十字病院を除くと23病院)。日赤病院全体の2割超が、国から存在意義を問われたことになる。

日赤本社はこの事態をどう捉え、対応するのか。昨年11月から複数回にわたり取材を申し込んだが、本件についての取材は「今はすべて断っている」との回答だった。

多額の税金で成り立つ公的病院グループの本社が、地域医療の取材で拒否を貫く事態は尋常ではない。日赤本社職員はこう明かす。