燕三条駅前に広がる中核病院の建設予定地。着工目前に計画見直しの声が上がった

金物加工の町として知られる新潟県の燕市と三条市。上越新幹線・燕三条駅を降り、目の前にある北陸自動車道高架下をくぐるとすぐ、広い空き地が見えてくる。周辺にはこの空き地へと続く新たな道路も整備されつつある。白いフェンスに囲まれた更地に建設されるのは、高度医療の中核病院として県が設置する「県央基幹病院」だ。

用地面積は4万2503平方メートル。9階建て450床の病院には救命救急センターも入る。その隣には三条市が設立する三条技能創造大学(2021年開校予定)の校舎が建設中だ。看護師などの医療職を育成する市立の専門学校も併設される。田んぼが広がっていた駅前の風景は、新病院を中心にがらりと変わりつつある。

ところが19年6月、この県央基幹病院の見直し議論が突如浮上した。19年度中に用地の整備工事を終え、20年度から建築工事に入る予定だったが、それに「待った」がかかったのだ。

降って湧いた見直し