お金本(左右社編集部 編/左右社/2300円+税/334ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

経団連(日本経済団体連合会)の1次集計では、大手企業に限れば冬のボーナスの平均額は過去最高なのだという。ほくほく顔の人もいれば、まったくピンと来ない人もいるだろう。不思議なことに、収入が少なくても貯める人は貯めているし、多くもらおうがカネがない人は常にない。それは会社員でも一芸に秀でた人でも同じであることが本書を読むとわかる。

作家の「お金」にまつわる約100編の文章を集めた。窮状を嘆く者もいれば、いかにカネを儲けるか、どのように使うかについて熱く語る者もいる。

夏目漱石の弟子の内田百閒は「こればかりは、どんな事があっても手放すまい」と思っていた漱石の掛け軸を困窮から泣く泣く売るいきさつをつづる。直木賞の由来にもなった直木三十五はいかに働かないでカネを得るかを力説。池波正太郎はサービスを受けたときに少しでもいいから心づけを渡せば皆が上機嫌になり、社会全体がよくなると語る。