外国人投資家は2019年10月の消費増税の影響を慎重に見極めていたようだ。19年初からの約9カ月間で約3兆円現物株を売り越した外国人投資家は10月以降、一転買い越し基調に転じた。日々の売買に占める割合が60%以上の外国人がどう動くかは株価に大きな影響を与える。

そこで、外国人に買われる傾向が強い「高ROE(自己資本利益率)で時価総額も大きい主力優良銘柄」を、「ROE向上度の高い順」にランキングしてみた。

1位は「実質株主」の割り出しに強いコンサルのアイ・アールジャパンホールディングス。20年3月期はアクティビスト(もの言う投資家)の活発化で対応を支援する大型案件が想定以上に膨らみそうだ。今期は8割以上の増益で、ROEは40%近くになる見込みだ。

2位は販売在庫管理システムを開発するアイル。20年7月期は在庫管理システムのパッケージソフトや課金型で好採算のWebソフトとも好調。OS更新需要と消費増税特需もあり、利益が上振れしそうだ。