みけ・かねつぐ 1956年生まれ。79年慶応大学経済学部卒、三菱銀行入行。国際部門担当の副頭取などを経て、2018年から三菱UFJ銀行頭取。19年4月から現職(銀行頭取を兼任)。(撮影:尾形文繁)

銀行業に吹く逆風は強まるばかりだ。低金利が長期化し、国内預貸業務は縮小が続く。デジタル化や異業種参入にも対応しなければならない。メガバンク最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はどう生き残っていくのか。

──口座管理手数料を導入するとの報道が出ました。銀行の置かれた環境はそれほど厳しいということでしょうか。

銀行は変革期の真っただ中にある。その中で、MUFGは自らのビジネスを再創造するため、2018年に構造改革の計画を打ち出した。その方向は間違っていないと確信している。やることは明確で、スピードを上げて取り組んでいく。

──手数料の引き上げや店舗削減など、顧客側としてはマイナスも増えています。