総合文具首位として君臨してきたコクヨ。その強さを支える流通網は、同2位のプラスも強化してきた。写真はコクヨ本社(撮影:今井康一)

文具業界では2019年後半、株式争奪戦が勃発した。11月15日、総合文具首位のコクヨが、筆記具4位ぺんてるの子会社化を目指すと緊急発表。猛反発したぺんてる経営陣は総合文具2位のプラスに「ホワイトナイト」を要請し、両社によるぺんてる株の争奪戦に発展したのだ。

結局、12月13日にプラス・ぺんてる連合が「コクヨによる子会社化を阻止」と発表。今回の株争奪戦は、プラス・ぺんてる連合に軍配が上がった格好となった。

だが、これで攻防が終わったわけではない。コクヨとプラスは文房具やオフィス家具メーカーの双璧であるとともに、長年、流通覇権をめぐって火花を散らしてきた関係。「KP戦争」とも「PK合戦」とも呼ばれる両社の攻防が、今回はぺんてる株争奪戦という形で現れたにすぎないといえる。

両社の文具