文明|Interview|歴史学者 ユヴァル・ノア・ハラリ

テクノロジーによる混乱は世界の連携で乗り越えよ

Yuval Noah Harari イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。英オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻し博士号。現在はエルサレムのヘブライ大学で歴史学を教える。

2020年代に世界はどんな方向に進むのか。『サピエンス全史』で7万年にわたる壮大な人類史を、また『ホモ・デウス』で人類の未来像を描いたイスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ氏。現代を代表する知性に人類と世界の行方を聞いた。

──前著『ホモ・デウス』では、遺伝子工学やAI(人工知能)といったテクノロジーにより、「ごく一部のエリートが力を持つ結果、『無用者階級』が生まれ、かつてない格差社会が到来する」と警告しました。その視点を基に、20年代の世界をどう見ますか。