約2年ぶりに自由討議を行った衆議院憲法審査会(読売新聞/アフロ)

双六(すごろく)に例えれば「上がり」が見えないのが安倍改憲だ。「桜を見る会」をめぐる政局混乱などで、安倍晋三首相の任期中の憲法改正実現が一段と困難視される状況となったからだ。

衆参両院憲法審査会を舞台とする改憲論議は「1回休み」「振り出しに戻る」の繰り返し。12月9日に閉幕した臨時国会でも、改憲実現の前提となる国民投票法改正案すら次期通常国会への継続審議となった。今後の政治日程も踏まえれば、「手続き的にも、首相(自民党総裁)の任期切れまでの改憲実現は絶望的」(自民幹部)とみられている。