(イラスト:ソリマチアキラ)

アマチュアの金谷拓実が、三井住友VISA太平洋マスターズで優勝した。

この大会でアマチュア選手が優勝したのは、2011年大会の松山英樹以来2人目(日本ツアー制施行以来4人目/ほかに1980年倉本昌弘、07年石川遼)である。

金谷選手はJGAのナショナルチームの一員で、ガレス・ジョーンズコーチの指導をしっかりと実行して成長した選手だ。「早く世界で戦いたい」と言い、もしプロ転向しても「アメリカのツアーでなくヨーロッパツアーに魅力を感じる」と言う選手である。その根底には、スコットランドなどに遠征した際に出合ったリンクスコース体験の刺激にあった。

「リンクスコースをプレーしていて感激というか、これがゴルフ!という感覚を覚えたんです。大好きになりました」と言う金谷は、その経験からゲームの幅を広げたといっていいだろう。