トップアスリートが集結する東京五輪。こちらも代表がまだ決定しているわけではないが、2020年東京に来ることが期待される、世界のスーパースターたちを紹介しよう。

19年、日本で行われた『ZOZOチャンピオンシップ』で優勝し、PGA(全米プロゴルフ協会)ツアー最多勝に並んだゴルフのタイガー・ウッズ。「来年、米国代表としてここに戻ってこられるように頑張りたい」と五輪出場を熱望している。

ゴルフの代表はオリンピックランキング上位60人。1つの国から原則出場は2人までだが、ランキング15位以内であれば、同じ国から4人まで出場できる。つまり15位以内で、米国人4位以内になる必要がある。現在、ウッズのランクは6位だが、米国人では4位と高いレベルの争いが続く。最終ランキング発表は全米オープン終了後の6月23日だ。

ゴルフのタイガー・ウッズ(AFP=時事)