過去は国際線の顔だったJAL。その座をANAから奪い返せるか(撮影:尾形文繁)

「発着枠を有効に使い、利便性の向上や訪日外国人の送客による地域への貢献につなげたい」。日本航空(JAL)の赤坂祐二社長は2019年11月の路線計画発表会見で抱負を述べた。

JALは、20年3月末から羽田空港を発着する国際線の運航便数を1日12便加え、計34便にすると発表。このうち9便はホノルルやモスクワなど、すでに成田空港で運航していた路線からの移管で、ロサンゼルス、中国の大連、上海の3路線が1便ずつ純増する。