2019年6月に板門店でつかの間の再会を果たした米朝首脳。次の会談はありうるか(AP/アフロ)

朝鮮労働党の金正恩(キムジョンウン)委員長は2019年4月の最高人民会議(国会に相当)で、「年末までは忍耐力を持って米国の態度が変わるのを待つ」と言明した。核・ミサイル問題で、経済制裁の解除・緩和を米国から引き出すために、自ら期限を設けた形だ。

18年6月の初の米朝首脳会談では、互いに信頼関係構築に努力することを共同声明に明記し、北朝鮮は非核化へ進むことを約束した。そして、米国から経済制裁の解除・緩和を引き出そうとしたのが、19年2月の2回目の米朝首脳会談だった。ところが、合意に至らないまま米国のトランプ大統領は帰国、金委員長も果実を得ることなく帰国せざるをえなかった。