よしだ・じゅんいち 1958年福岡県生まれ。82年東京大学卒業、三菱地所入社。2007年人事企画部長、14年常務執行役員、16年取締役執行役常務などを経て、17年4月から現職。(撮影:梅谷秀司)
東京都心では2018〜19年に大型のオフィスビルが相次いで竣工。需給バランスが崩れ市況が悪化するのではと懸念されていた。だがいざふたを開けてみると、空室は増えるどころか減る一方。好調は20年も続くのか。

──好調な需要は続きますか。

オフィスビルのニーズは依然として旺盛だ。既存テナントの将来的な床面積拡大のため、つねにある程度の空室を確保することが必要だが、それが難しくなっている。スタートアップをはじめ元気な企業が人材採用を増やし、オフィスを増床しているためだ。海外企業が日本に拠点を設ける需要も根強い。優秀な人材の確保のため、優れたオフィス空間に対する引き合いは一段と強まっている。