ダイムラー 会長 オラ・ケレニウス
自動車業界の将来を示すキーワード「CASE」を生み出した独ダイムラー。同社のオラ・ケレニウス会長は2020年以降の市場環境をどう見ているか。

ダイムラーのCASEで最も進んでいるのは電動化だ。自動車業界は世界的に厳しい燃費規制に直面しており、われわれは全力で対応を進めている。20年には乗用車でEVとPHV(プラグインハイブリッド車)を20種類に増やし、30年には販売の50%に引き上げたい。欧州で22年までにCO2フリーでの自動車生産も実現させる計画だ。39年にはすべての新車をそうしたい。