コンビニは既存店売上高が頭打ちの一方で、加盟店が負担する費用は増加中だ(撮影:今井康一)

コンビニエンスストア各社には逆風が吹き付けている。とくに昨今、世間の大きな関心を集めたのが24時間営業問題だ。

2019年2月、大阪府のセブン‐イレブン加盟店オーナーが独自の判断で営業時間を短縮し、本部と対立したことで問題が表面化。状況を重くみた経済産業省が、加盟店支援のための行動計画を策定するよう大手各社に要請する事態にまで発展した。

費用のみ増える加盟店