まつしま・やすお 災害リスクアドバイザー。立正大学外部研究員。地域や企業の防災対策指導、ハザードマップ作成なども行う。

昨今の大型台風や豪雨は深刻な水害をもたらした。水害で避難する際は、「どの方向に向かうか」が重要だ。避難先が低い土地であれば、河川の氾濫や地滑りなどのリスクが高まり、かえって危険な場合もあるからだ。

そのために、日頃から自宅や職場付近の地形を知っておいてほしい。自治体などが公開する洪水ハザードマップや、国土交通省の「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」は、浸水の危険性を把握しやすい。