エー・ピーカンパニーが提供する、通常は廃棄されるえのきの石づきを使ったステーキ

食品、外食業界では、環境負荷の低減に向けた取り組みが本格化している。

業界各社は問題視されている食品ロス対策に力を注ぐ。農林水産省によると日本の食品ロスは2016年が約643万トンで、そのうち半分以上が事業経由の廃棄物だった。19年10月には「食品ロス削減推進法」が施行された。まだ食べられるのに廃棄する食品を減らす努力を各社は求められる。

食品業界の商習慣に「3分の1ルール」というものがある。食品の製造日から賞味期限までを3分割し、「納入期限は製造日から3分の1の時点まで」「販売期限は賞味期限の3分の2の時点まで」を限度とするもの。納品が遅れた商品や販売期限を過ぎたものは、返品されたり廃棄されたりしてきた。