(ZARost/PIXTA)

「ブロックチェーン業界にとって、2019年はV字回復の年だった」。ブロックチェーン推進協議会の平野洋一郎代表理事はそう振り返る。

コインチェックの流出事件や、その後相次いだICO(仮想通貨による資金調達)の詐欺事件などにより、18年の初めからトーンダウンしていた仮想通貨業界。これを支える技術であるブロックチェーンについても未熟な点が多々指摘され、一般には「怪しいテクノロジー」という印象が拭えなかった。

そんな印象を“V字回復”に導いたのが、米フェイスブックが19年6月に発表した「Libra(リブラ)」構想だ。ブロックチェーン技術を用い、法定通貨と一定比率で交換できる「ステーブルコイン」として運用する想定。銀行口座を持たない人でも、国際送金や決済を容易に行えるようにする。