(8x10/PIXTA)

AIを医療現場で活用する動きが活発だ。注目を集めるのが画像診断分野で、2019年はベンチャーの動きも目立った。

消化器内視鏡専門医を20年以上務める多田智裕氏は、17年9月、AIによる内視鏡画像診断システムを開発するAIメディカルサービスを設立した。読影を行う専門医の負担を軽減して「がんの見逃しを減らしたかった」(多田氏)。

まず着手したのが、胃がんの原因となるピロリ菌胃炎だ。3万枚の病変画像をディープラーニングのモデルに学習させたところ、診断精度で人間の医者の平均を超えた。さらに胃がんを対象に研究を進め、6ミリメートル以上の病変で98%の精度を達成。さらに動画でのリアルタイム診断も開発し、94%の水準に達したという。