(metamorworks/PIXTA)

2019年、大型資金調達や新規上場が目立ったのが、法人向け「SaaS」を手がけるベンチャーだ。Software as a Serviceの略で、クラウド上で提供する定額課金のサービスを指す。米アマゾン傘下のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)などのクラウドインフラが発達し、ベンチャーでも開発しやすくなった。

顧客企業にとっては月額課金で導入しやすく、アップデートも事業者側が行うため、手間が省ける。API(アプリケーション同士をつなぐ仕組み)を通して、異なるSaaS同士も連携できる。

SaaS事業者側としては、解約率をいかに下げるかがビジネスの肝になる。日々収集されるユーザーの利用データを見ながら、ニーズに合った機能や綿密なサポート体制を構築する必要がある。