勃興するベンチャー 目立つ大型調達、過熱感も

熱気に満ちるベンチャーのイベント(写真は2019年夏開催のInfinity Ventures Summit)

国内のベンチャー企業への投資熱は高まり続けている。調査会社のINITIAL(イニシャル)によれば、2019年ベンチャーの資金調達額は11月中旬時点で3219億円。過去最高の4254億円だった18年を上回る可能性もある。

目立つのが大型の資金調達だ。19年は、マーケティングデータ分析の法人向けクラウドサービス「b→dash(ビーダッシュ)」を手がけるフロムスクラッチや、ニュースアプリのスマートニュースが100億円を調達。自動運転ソフトウェアのティアフォーや宇宙関連のシンスペクティブも80億~90億円という規模だった。イニシャルの調査では、1社当たりの資金調達額の中央値は、17年は5億円だったが、19年は倍増し、11億円を超えた。