ドコモの吉澤社長(左)は「サービスの融合は5Gにもつながる」と話す

2019年の通信業界は、政府が通信料金の値下げを狙い、他社に移る際の違約金を引き下げさせるなど、大きなルール変更に揺れた。

20年には楽天モバイルが第4のキャリアとして携帯電話事業を開始し、競争激化が見込まれる。さらに20年春に開始する次世代通信規格の5Gの商用化によるゲームチェンジなど新たな波も迫っている。キャリア各社は収益確保に向け、ビジネスモデルの転換を図っている。

NTTドコモは19年12月からキャンペーンを実施。主力の大容量プラン「ギガホ」などに加入すれば、アマゾンの会員向け有料サービス「アマゾンプライム」の年会費4900円(税込み)が1年間、無料になる。プライムの料金はドコモが負担する仕組みだ。