おほ・ひろゆき 1962年東京生まれ。85年青山学院大学卒業後、日本テレビ放送網入社。2017年からHJホールディングス(Huluを運営)社長。19年からは日本テレビ取締役兼務。(撮影:今井康一)
米ネットフリックスが日本の会員数300万人を突破し、独り勝ちの様相を呈する動画配信市場。日本テレビ放送網傘下のHuluはどう戦っていくのか。
本インタビューのロングバージョンはこちら

──「Apple TV+」が日本市場に参入、2020年は「Disney+」の進出も注目され、SVOD(定額動画配信サービス)の競争が激化しています。

プレーヤーの新規参入はウェルカムだ。日本におけるSVODの普及率は、まだ20%に達していない。利用が生活習慣として根付いておらず、事業者が増えても多すぎるということはない。ユーザーもいろんなサービスを併用している段階だと思う。

ただ、差別化は重要になってきている。カギを握るのはオリジナル作品だ。今年度末から21年度にかけて、オリジナル作品を今より積極的に出していきたい。

──19年は日テレで放送されたドラマ「あなたの番です」が高視聴率を記録し、Hulu上でも人気を博しました。日テレとの連携効果はどうみていますか。