ささもと・ゆう 1988年獨協大学法学部卒業後、リクルート入社。その後MTVジャパンや日本マイクロソフトなどの要職を経て、2014年2月からツイッタージャパン代表。(撮影:尾形文繁)
今やトレンドの発信元や災害発生時の情報インフラとして、日本人の生活に根付いたツイッター。米国に次ぐ重要市場の日本でどう舵を取るのか。

──2019年1月から「mDAU(収益につながる1日当たり利用者数)」という新指標を公開しました。狙いは何でしょうか。

業界的にはMAU(月間利用者数)が主流で、当社でも長らくMAUを基準としてきた。だが株主や広告主に対して、より信頼性の高い形で数字を伝える必要があると考えた。mDAUは広告をカットする外部アプリから流入するユーザーなどを除いた、収益につながる正味のユーザー数だ。

直近の四半期決算でmDAUは1億4500万(米国が3000万、米国外が1億1500万)と、対前年同期比で17%成長している。日本もここ数年、安定した成長が続いている。

──mDAUを上げるためには、何が必要なのでしょうか。