ビックカメラ 社長 宮嶋宏幸(みやじま・ひろゆき)1959年生まれ、長野県上田市出身。84年法政大学文学部英文学科卒業、ビックカメラ入社。96年取締役池袋本店店長。2005年より現職。(撮影:今井康一)

法政大学時代はアルバイトばかりしていた。2012年に入学式のあいさつに呼ばれたときもこの話をしたのだが、塾講師や大工、就職情報誌の営業、国会議員の秘書など、とにかくいろんな経験をして、実社会の厳しさに触れた。

塾講師のバイトをしたのは、教師を目指していたため。でも塾長から「君は教師には向いてない」とズバリ言われた。なぜなら、生徒が質問に答えられないと「どうしてわからないのか」ときつく言ってしまっていたからだ。塾長から「そういうふうに言われたら傷つく。子どもの気持ちがわからないのか」と指摘された。この一言が、教師以外の道を探すきっかけになった。