セブン&アイ・ホールディングス 名誉顧問 鈴木敏文(すずき・としふみ)1932年生まれ。56年に中央大学経済学部卒業、現トーハン入社。63年イトーヨーカ堂入社、2005年セブン&アイ・HDを設立し会長兼CEOに就任。16年退任。(撮影:今井康一)

高校進学が終戦直後で、当時は手に職をつけたほうがいいと、長野県上田市の養蚕学校を選んだ。ただ進学校でなかったこともあり、大学は旧官立大学ではなく中央に進んだ。

子どもの頃から家に出入りしていた政治家から、「政治をやりたいなら経済を勉強したほうがいい」と言われ、経済学部を選んだ。大学には僕と同様、地方出身者が多かった。そしてまじめなタイプの学生ばかりだった印象がある。