法政大学 総長 田中優子(たなか・ゆうこ)1952年生まれ、神奈川県出身。74年法政大学文学部卒業、80年同大大学院人文科学研究科博士課程を単位取得満期退学。同大社会学部教授などを経て2014年4月より現職。専門は江戸時代の文学、生活文化。(撮影:吉濱篤志)

──法政大学はこの20年間で規模を拡大しました。

1990年代から学部を増やした結果、かつての6学部が今は15学部もある。学生、教員数も増え、国際化も進んだ。しかし、都心にある他大学も同じように学部を増やし、国際化を進めてきた。そうすると法政がほかと同じように見えてくる。「この大学はどんな大学なのか」、一言で表現できなくなってしまった。そうした状況に、卒業生として、教員として危機感を持っていた。

かつての法政は極めて特色のある大学だった。研究や教育の歴史を積み重ね、自由で物事を突き詰めて考える、という校風だ。例えばバンカラというイメージ。スポーツが強く、応援団が目立っていた。学生運動も盛んで、活発に議論を交わす空気が学内に流れていた。同級生たちと自由に議論する中で「さまざまな考え方がある」ということを学んだ。また地方出身者の学生も多く、環境の違う人たちと交わることで、幅広い視点が身に付いた。