7月以降3回にわたるFRB(米連邦準備制度理事会)の利下げは、NYダウ平均株価が2万8000ドルを突破して最高値を更新するなど典型的な金余り相場をつくり出した。今年に入って景気減速が鮮明となり、製造…