まつもと・かずや 音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

いよいよ最終回です。最後にお伝えしたいことがあります。それは「口下手は悪いことではない」ということです。もう少し丁寧に言うと、「自分は口下手だ」と思うのなら、ちゃんと対策をすれば何の問題もないということです。危険なのは、自分は話せると思い込み、聞き手が理解できているかに無関心な人のほうです。

相手にわかってもらえるように、話す内容を構成したり、短い文で原稿を作ったりする。スムーズに聞いてもらえるように、口に出して何度も練習する。それだけやって「下手だねぇ」と言われたら、仕方ないと開き直れるでしょう。

いちばんもったいないのは、「下手だと思われたくない」と話すことから逃げること。知ってもらいたい話があるなら、勇気を持って話しましょう。話し方がスムーズかなんて、聞くほうは自分が思うほど気にしていないものです。