批判に対する考え方は、日本と欧米とで大きく異なる。例えば英国議会では、野次さえある種の伝統と捉えられ、ユーモアあふれる野次には称賛が送られる。「オーダー、オーーダーー(静粛に)」と独特な口調で野次をいましめるバーコウ前議長は、その点ではさながら「笑点」の司会だ。

日本は、新しい何かを受け入れ、すでにあるものに同化させることで社会を発展させてきた。クリスマスを祝い、初詣をする年末年始の行事はその典型だろう。一方、欧米の知性は「弁証法」とともに発展してきた。対立から新しい考えが生まれる、という考え方だ。批判は対立する意見だが、新しい何かを生み出す原動力と(無意識に)考えられ、歓迎される。

それゆえ、政治、経済、文化、あらゆることが「振り子」のように揺れ動く。動きがあると、必ずその反動がある。英語のビジネスの現場やニュースなどでは、ペンデュラム(振り子)という言葉をよく聞く。振り子は単に左右に揺れ動くだけではなく、その揺れを推進力とするかのように上昇し、そうして社会を発展させていく、と考えられる。米国を起源とするマーケティングの世界も同様である。