千葉県房総半島の南端にある南房総市は、2006年に安房郡の富浦、富山、千倉、白浜、丸山、和田の6町と三芳村が合併して誕生した、人口3万7000人の街である。

温暖な気候を利用したアイリス、キンセンカ、ストックなどの花き栽培や、「房州びわ」として知られるビワやミカン、梨、イチジクなどのフルーツ栽培も盛んに行われる。また牧畜も盛んで酪農製品や牛肉などが東京を中心とした消費地に出荷されている。

南房総市では温暖な気候を生かした花き栽培が盛ん。ストックは冬に開花。花摘み体験ができる施設も(photolibrary)

黒潮が流れ込む房総半島はもともと漁業が盛んだった。とくに旧千倉町は好漁場として勝浦や銚子と並び称され、カツオやヒラマサなどの回遊魚やタイ、イサキ、サバなど豊富な魚種に恵まれている。旧千倉町では毎月第1、第3日曜日に「ちくら漁港朝市」が開かれ、こうした新鮮な魚介類を買い求める地元客や観光客が列をなす。