学生・高校教員からの評価が高い立教。少人数で能動的に学ぶ授業が人気(撮影:今井康一)

受験生や親が志望校研究をするうえで、偏差値とともにしっかり把握しておきたいのが、大学の教育力だ。MARCHの中で「教育格差」はどの程度あるのか。総合力に加え、大学の競争力をとくに左右する研究力、国際力の3つの観点から、総点検してみよう。

1. 総合力

総合的な教育力を見るために今回用いたのが、英高等教育専門誌タイムズ・ハイヤーエデュケーション(THE)が日本向けに指標を再構成した「世界大学ランキング日本版」だ。学術研究の成果が評価項目の6割を占める世界版の大学ランキングでは、自然科学分野の研究に強い理系大学が有利になり、MARCHのような文系学部中心の大学にはハンディがある。実際、2020年版では、立教大学が800〜1000位タイ、明治大学、青山学院大学、法政大学、中央大学は総じて1001位以下となっている。

対して日本版は、重点を置く指標が異なる。教育環境や、学びの質、学生の成長性を重視した「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4指標からなる。とくに指標スコア全体の3割を占める「教育充実度」に、約4万人の大学生と約2000校の高校教員への調査から得た生の声が反映されているのが特徴だ。

ランキングを見ると、トップ1〜9位は旧帝大クラスの大学が占める。いずれも「教育成果」が90点台と高いのが特徴だ。次に、留学生の送り出しや受け入れに熱心で「国際性」のスコアが満点の秋田の国際教養大学や、国際基督教大学が続く。早慶、上智などがその次に位置する。

MARCHの中で最上位の41位にランクインしたのは、立教だ。少し間が空いて53位に中央、54位に明治、56位に法政と3校が肩を並べる。最下位は、78位の青学だった。全体の特徴としていえるのは、卒業生への外部評価で構成される「教育成果」で早慶に水をあけられた一方、学生や高校教員からの評判による「教育充実度」はいずれも70点台の高いスコアになっていること。早慶とは同等で、地方国公立を上回る水準だ。