立憲民主党副代表 参議院議員 蓮舫(れんほう)1967年、東京都で台湾人の父と日本人の母との間に生まれる。幼稚園から大学まで青山学院に通学。大学在学中に芸能界デビュー。2004年7月、第20回参議院議員選挙で初当選。少子化対策、子育て支援、行財政改革がライフワーク。男女の双子の母。(撮影:尾形文繁)

幼稚園から大学まで、ずっと青学だった。兄も弟も、青学。「きょうだい皆同じ学び舎で」というのが父の教育方針だった。

20年近く青学に通い、「この学校でよかった」と心から両親に感謝している。水が合ったのだろう。私のルーツは台湾だが、ハーフがいるのは当たり前の国際色豊かな環境。差別に遭うことは一度もなかった。キリスト教の学校なので、博愛・平等の精神が根付いている。校風は、「自由」「民主」、あとは「女子が強い」こと。男子は発言力が弱い。学校の場所が青山なので、中高のクラブ活動の後、表参道や原宿のカフェに行った。もちろん、校則では禁止だが(笑)。青学時代の生活は、渋谷区内でほぼ完結していた。