本社ショールームで「amifa」の商品を背に語る藤井愉三社長(撮影:梅谷秀司)

【上場日(市場)】2019月9月19日(東証ジャスダック)
 【設立】1973年10月20日
 【本社所在地】東京都港区北青山
 【代表者(年齢)】藤井愉三社長(61)
 【事業内容】デザイン文具やハンドメイド雑貨、キッチン・テーブルウェア、フラワー関連などを企画し、100円ショップなどに卸売りする。製造は外部への委託
 【売上高】49億6600万円
 【営業利益】3億2900万円(19年9月期)
 【公開価格】660円
 【直近株価】1009円(12月10日)

100円ショップ大手4社向けに独自企画のおしゃれグッズを卸販売、年間1500アイテム以上を生み出す専門業者がアミファだ。この9月19日、東証ジャスダックに上場した。

設立は1973年なのでスロー上場だろう。上場の目的について藤井愉三社長(61)は「ITプラットフォーム構築に充てる資金調達と優秀な人材の確保」と語る。

女性向けがほぼ100%という商品は、素材や形、色、柄、仕様を本社に常駐する社員が企画。100人以上のフリーランスのイラストレーターに、企画の意図を正確に伝えながら共同作業でデザインする。「強みは複数の素材を使いながら1つのテーマで通年型の商品を出せるところ」(藤井社長)。ハロウィーンやクリスマスに売れる季節型商品も得意だ。