「週刊東洋経済」のアーカイブを紹介する「覧古考新」。1984年6月23日号のグラビア記事はマイクロソフト、ビル・ゲイツ氏に関するものだ。この当時、「1カ月に1週間の割合で日本に滞在していた」という点で、世界のエレクトロニクス・半導体業界を席巻していた日本メーカーとのパートナーシップがいかに重要だったかがわかる。その直前の号(6月9日号)のインタビューでも、日本の重要性を強調している。
拡大する
「週刊東洋経済」の巻頭グラビアページより(1984年6月23日号)

IBMを動かした男ビル・ゲイツ

今、最も注目されるパソコン界の仕掛け人

ビル・ゲイツ。アメリカ人、28歳。大型コンピュータで使われていたBASIC言語をマイクロコンピュータに載せ、一大パソコンブームを作り上げた男。パソコン界の天才と世上言われるが、マイクロソフト副社長で、行動を共にしている西和彦氏が「内側から見れいるからわかるが天才ではないネ。努力の人だ」というほどのモーレツ人間。日本へも1カ月に1週間くらいの滞在で来日する、まさに世界を股に掛けた行動力。来日すれば、日本のパソコンメーカーがこぞって会いたがり、彼の持つコンセプトに耳をそば立てる。そして、そのコンセプトはことごとく実現させてしまう。規格統一機種MSXを一気に実現したのもその好例だ。凡人の我々からすれば、やはり天才だ。

拡大する
貴重な写真の数々(1984年6月23日号)

5月24日、品川・新高輪プリンスホテルで開かれたマイクロソフト社とアスキー社主催のパーティー出席者は2000人以上を数え、日本で一番広いといわれる「飛天の間」をギッシリと埋め尽くした。

単に盛況だっただけでなく、揃った役者も日本電気の小林宏治会長、大内淳義副社長、松下電器産業の城阪俊吉副社長、富士通の山本卓眞社長、安藤眞民専務、ソニーの森園正彦副社長等、マイクロソフト社の実力を天下に誇示する顔ぶれだ。

マイクロソフト社はBASIC言語で世界のパソコン業界を制し、IBMでさえパソコン進出にあたって教えを乞いに同社の門を叩いたという実力派ソフトハウスである。BASICだけでなく、16ビットOSでもライバルのディジタル・リサーチ社と競い、9割のシェアを握って結着をつけた。次のOSであるUNIX市場でも強い自信をみせ、さらにアプリケーションソフト分野も狙い、「ソフトハウスのIBMを目指す」(ゲイツ氏)という。

そういう意味でも、米国に次ぐ有望市場である日本は重要なターゲット。アスキー社の副社長でもある西氏が1978年に単身米国に飛び、ビル氏と意気投合してマイクロソフト社の対日進出の突破口を開いた。パソコントップの日電会長とビル氏の握手は、日本市場での地位をさらに強める象徴的なひとコマといえよう。

UNIXでも標準化狙う

BASIC言語をマイコン用に開発、爆発的なパソコンブームを作り出した。IBMパソコンを共同開発、一躍世界の寵児に。ソフトウェアのIBMを目指す同社の戦略と米国に次ぎ重要市場である日本市場について聞く(1984年6月9日号「この人に聞く」より)