まつもと・かずや 音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

今回はこれまでお伝えしてきた「ビジネスの現場でしっかり伝えるためのテクニック」を総まとめします。ビジネスの現場では、あなたがどう見えるかは問題ではありません。中身がちゃんと伝わって聞き手の心を動かせるかが最も大切なことです。心がけるのは「聞き手第一主義」。ポイントは以下の3つです。それぞれのコツを簡単に復習しましょう。

①【「理解しやすい」伝え方のコツ】意識するのは「シンプルに」。聞いてわかりやすくするために大切なのは、「一文をできる限り短く」することです。接続語でつながず、一文に述語は1つだけに。とくにキーワードの周りには、余計な言葉を置かないようにします。キーワードのみの体言止めで一文にするのも一案です。

文章だけでなく、構成もシンプルにしましょう。結論や全体像、概要など、「まず言いたいことをざっくり説明」します。理由や詳細、具体例などは、後で言えばいいのです。なんとなく話し始めてしまい、とりとめがなくなって困った経験のある方も多いと思います。話す内容の順番、構成が決まらないまま話せばそうなるのは当然です。構成や言いたいことが決まらないうちは、「黙って考える勇気」も必要ですよ。