10月上旬、米ラスベガスのMGMグランドホテル。日立製作所は世界中の取引先を招待し、最新の技術や将来の構想を披露する大規模なITイベント「NEXT 2019」を開催した。

会場内には派手な音楽が鳴り響き、レーザーライトがステージ上を照らす。その中で社長の東原敏昭が人気キャラクターの「ミッキーマウス」と一緒に登壇。「ディズニーと良好な関係を築いていきたい」と英語で話すと、集まった関係者から大きな拍手が起こった。

ディズニーと異色の提携

主催したのは米IT戦略子会社、日立ヴァンタラ。日立グループの中で最も勢いのある外国人中心の集団だ。シリコンバレーに拠点を置き、グーグルなどGAFAも強く意識する。日立がここで大規模イベントを開くのは海外でのプレゼンスを高めるためだ。

今回、米ウォルト・ディズニーとは次世代テーマパークのIoT(モノのインターネット)化で提携。日立の独自IoT基盤「ルマーダ」を米フロリダのウォルトディズニーワールドリゾートと、米カリフォルニアのディズニーランドリゾートに今後提供していく。

日立はアトラクションにセンサーを取り付けて温度や振動などのデータを集め、機器の作動状況を分析。最適な保守点検タイミングを知らせることで、機器の故障を減らし、稼働率向上にもつなげる。東原は「将来は人の流れの最適化やセキュリティー対策なども含めて提供したい。毎年数千万人が訪れるテーマパークを1つの街に見立て、そこに集まるゲストのハピネスに貢献したい」と夢を語る。

ラスベガスのイベントではIoT基盤「ルマーダ」を前面に出したいろいろな事例が紹介された