「10月の修学旅行生が最後のお客さんです。もう、疲れました」。字山田地区でペンションを経営する男性はどこかふっきれたように話す。10月末でペンションを閉め、倶知安町外へ引っ越すという。

前オーナーから現在のペンションを引き継ぎ1993年に開業。修学旅行生や日本人スキーヤーを相手に切り盛りし、常連客にも恵まれた。ところが、2000年代に入ると外国人が目立つようになった。「にぎわうことは結構だが、開発が進む中で日本人が排除されているように感じた。宿泊価格もどんどん上がり、やり取りも英語が当たり前。ペンション仲間からは『おまえも外国人を相手にしたらどうだ、儲かるぞ』とも言われたが、金儲けに走る気はなかった」。

急激な環境変化に戸惑いつつも、常連客や口コミ客などを相手に地道に経営していた。だが、市街地に住む町民の一言がとどめを刺した。「あなたは『ヤマの人』でしょう」。訪日客の急増で潤った観光業を揶揄する言葉だった。町への愛着を失った男性はペンションの閉店を決断、この10月末に海外投資家へと引き渡した。その向かいに立つ、知人が経営していたペンションも売り出し中だという。

外国人の手によって、倶知安町は名実ともに「スキーの町」となる

字山田地区を筆頭に、ニセコにはかつて日本人が経営するペンションやホテルが数多く存在した。だがバブル崩壊後にスキー客が激減、さらに経営者の高齢化と後継者不足が追い打ちをかけた。

ペンションの苦境は、ニセコを訪れた豪州人には商機に映った。外国人向けの仕様にすれば大化けするぞ──。手放したい経営者とも利害が一致し、ペンションは次々と海外投資家の手に渡っていった。倶知安町が95年に発刊した町史には、当時字山田地区やその周辺で営業していた宿泊施設が122軒掲載されている。だが本誌が調べたところ、現在でも営業が確認できたのは30軒にも満たない。