「レッドブル・ハウスはここです」。地元の不動産業者が指さす先にあるのは、大きく張り出した三角形の木造屋根が特徴的な邸宅だ。隈研吾氏が設計したという別荘は、エナジードリンク大手・レッドブルのタイ人創業家の所有だという。登記簿を確認してみると、所有者である法人の住所は確かに「タイ王国バンコク市」とあった。

別の不動産業者は、「(アリババ創業者の)ジャック・マーの別荘もある」と話す。現地に向かうと、全長30メートルはあろう豪邸が現れた。当然表札は掲げていないが、世界屈指の富豪の別荘であることは地元では公然の秘密だ。

遠い異国の話ではない。北海道での出来事である。

世界的リゾートの誕生

ニセコ──。今やこの地名が人口に膾炙(かいしゃ)しているのは、日本よりもむしろ海外かもしれない。札幌から西へ車で2時間、北海道倶知安(くっちゃん)町およびニセコ町の総称だ。両町合わせても約2万人程度の人口に対して、その14倍もの外国人観光客が世界中から訪れている。

彼らのお目当てはスキーだ。ニセコの雪は「パウダースノー」と呼ばれ、その名のとおり水分の少ない粉状の雪だ。JAPANとPOWDERをかけた「JAPOW」という言葉さえ誕生したほど、スキーヤーから絶大な人気を博す。

ニセコには多数のスキー場が存在するが、中でも中心部に位置する「ニセコユナイテッド」と呼ばれる4つのスキー場は、バブル期を彷彿させるにぎわいを見せる。スキー場が相次いで開業する12月を迎えると、この周辺で日本人を見つけることのほうが難しい。