(CORA / PIXTA)

昨年6月。かつては指定暴力団で“金庫番”を務め、今は貿易業を中心に幅広く事業を営んでいる男性の元に、あるペーパーが回ってきた。

特段、タイトルなどはついておらず、銘柄名や投資方法、投資金額、そして返済方法といった文言が無機質に並んでいた。実はこれ、暴力団関係者のようなアンダーグラウンドの世界で出回っている、投資を募るペーパーだ。

銘柄として挙げられていたのは、ある東証2部上場企業。放漫経営で資金繰りに窮し、自己資本も枯渇するほど追い込まれていた。そんな折、証券会社出身で、増資を専門に扱うブローカーが現れた。

「第三者割当増資をしないか。割当先も探してきてあげる」

こんなふうにブローカーに持ちかけられ、この企業は誘いに乗ることにしたという。

こうした案件は、関係者たちの間で“闇増資”と呼ばれている。増資を引き受ける“投資家”が反社会的勢力であること、そしてアンダーグラウンドという閉鎖的な世界だけで、物事が決まってしまうからだ。